忍者ブログ
イギリス史や英語英文学に関連する本を中心に、古い本から新しい本まで、いろいろ紹介します。
[5] [4] [3] [2] [1
[PR]
2019/11/22 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/05/02 (Thu)
Lindley Murray, English Grammar Adapted to the Different Classes of Learners (1795; 9th ed. 1812)

現在世界中の学校等で教えられている英文法の大枠がいつ頃どのようにして定まったのかということが論じられる時には必ずLindley Murray (1745-1826) の名が言及される。「英文法の父」とも言われる Murray は、アメリカのペンシルヴァニア州に生まれ、ニューヨークで弁護士をしていたが、体調などの理由から、医者の勧めで40歳の時にイギリスに渡り、ヨークの近くのHoldgate というところに住み、そこで読書をしたり庭いじりをしたりといった隠居生活をする傍ら、英文法の入門書(教科書)の類を書くようになった(他に宗教関連の本も書いている)。

ここで紹介するEnglish Grammar Adapted to the Different Classes of Learners も、彼がイギリスに渡ってから「若者の教育」(the instruction of youth (p. 3)) を目的に執筆・出版した入門書である。本書は特に、彼の一連の入門書の中でも最初に出版されたもので、1795年に初版が出てから半世紀の間に少なくとも200版を重ね、その間に1500万~2000万部は売れたとされるベストセラーである。非常によく売れ、読まれたたことで、英文法の普及に大きく貢献した本として知られている。僕の持っている版(写真)は1812年の第9版。序文によれば、第8版にかなり増補改訂が加えられているらしい。以下に述べることも、この版に基づいている。

法律家だったMurray が、イギリスに渡った後、英文法の教科書を書いたのは、自宅の近くにあった学校の教師たちに依頼されたのがきっかけであった。もともと言語学者や文法学者でない彼は、当初依頼を断ろうとしていたようだが、断り切れずに書いてみたところ、上述のような驚異的な売れ行きで、結果として彼は「英文法の父」となったのである。

自分自身のことを 「編纂者」(the Compiler)と呼ぶ Murray 自身、序文の中で以下のように書いているように、彼は当時既に出版されていた文法書を大いに参考にし、その良いところを自分なりに編集しながら本書を執筆した。

IN a work which professes itself to be a compilation, and which, from the nature and design of it, must consist chiefly of materials selected from the writings of others, it is scarcely necessary to apologize for the use of which the Compiler has made of his predecessors’ labours; … It is, however, proper to acknowledge, in general terms, that the authors to whom the grammatical part of this compilation is principally indebted for its materials, are Harris, Johnson, Lowth, Priestly, Beattie, Sheridan, Walker, and Coote. (p. 5)

中でも彼が特に参考にしたのは、1762年に出版された Robert Lowth (1710-87) の A Short Introduction to English Grammar であり、彼の文法はこの路線に基本的に従っているとされる。そのため、Lowth は規範英文法の元祖、Murray はこれを確立し、世に広めた人物と位置付けられる。

Lowth の文法は、文法規則を示した上で、それに照らして何が正しく何が誤りであるかということが例文と共に示されているという点において斬新であったが、Murray も序文の中で以下のように述べ、この方法を導入している。

FROM the sentiment generally admitted, that a proper selection of faulty composition is more instructive to the young grammarian, than any rules and examples of propriety that can be given, the Compiler has been induced to pay peculiar attention to this part of the subject; … (p. 5)

例えば、Syntax を扱った章には、RULE V として、名詞とこれを受ける代名詞との一致のことが扱われているが、簡単な例文に続き、この原則に従い損ねた以下のような文の例が示されている。

Each of the sexes should keep within its particular bounds, and content themselves with the advantage of their particular districts. (p. 138)

単数扱いのeach を最初はits で受けているが、2度目と3度目には themselvesやtheirなど複数形の代名詞で受けている点が問題とされている。このような問題点を含む例文に続き、必ず以下のような改訂案も示されている。

The sexes should keep within their particular bounds, &c…. (p. 138)

このような形で一つ一つの文法項目について、ありがちな誤りを指摘しつつ、どのように文を構成すべきかを解説した Murray の英文法は、彼が参考にしたLowth の文法と共に、規範英文法を確立したのであり、入試問題やTOEFL等の英語検定試験に出題されるような正誤問題の背後にもこのような英文法の伝統があると考えることが出来るのである。

なお、Murray の英文法は、発売直後から大ベストセラーとなったと書いたが、幕末に出版された日本初の英文法書もMurray の文法に基づくものであった。ただし、当時日本はまだ鎖国中であり、欧米諸国の中ではオランダとしか直接的な付き合いがなかったため、Murray の英文法もオランダ経由で伝わったものであった。つまり、本邦初の英文法書とされる渋川六蔵の『英文鑑』(1841年)は、F.M. CowanによるMurray のEnglish Grammar(本書)の26版のオランダ語訳から翻訳されたものなのである。しかしいずれにしろ、鎖国中の日本にも伝わって来て翻訳されるほど Murray の英文法は世界中で広く読まれたということである。

なお、Lowthや Murrayのものも含め、英文法成立の歴史については、渡部昇一『英文法を知ってますか』(文春新書、2003年)に分かりやすくまとめられている。この記事を書くにあたっても同書を大いに参考にした。

murraygrammar.jpg




 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ HOME ■ Coxford Singlish Dictionary >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
最新TB
プロフィール
HN:
唐澤一友
性別:
男性
自己紹介:
中世英語英文学や英語史を専門とし、駒澤大学文学部で教えています。さらに詳しくは、ホームページをご覧ください。
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]